電気も小売りされる時代!新電力をもっと知ろう【Housing And Health】
HOME>ホットトピックス>電気も小売りされる時代!新電力をもっと知ろう

新電力を利用する

電力会社の切り替えがしやすくなった今、新電力がどういった物であるのかをよりしっかり知らなければいけなくなりました。そもそも新電力とは、大手の電力会社10社以外の新しい電力会社の事を新電力と言われています。では、そんな新電力に乗り換えるメリットとはなんでしょうか。

新電力に乗り換えるメリット

電気料金が安くなる

新電力に乗り換えると、電気料金が安くなるといった事があります。お得な料金プランが多いので、世帯によっては年間で1万円以上も安くなることも。お財布には嬉しいですね。

環境に配慮した電力を選択出来る

新電力は、再生可能エネルギー発電などで作った電力を売りにしている所もあります。ですので、より環境にも配慮した生活をしたい、という方は、そのような新電力会社を選択するのも良いでしょう。

品質はそのまま

最大のメリットですが、新電力は電気の品質そのものは変わりません。ですので、仮に安くなったとしても、停電してしまうなどもありません。

電力の小売り自由化で注目

コンセント

これまで電気と言えば、電力会社から供給されるものを利用するのが一般的でした。ところが2016年からは、法改正によって電気の小売が全面的に自由化されています。これにより消費者は、地域によって決められていた電力会社を離れ、自由に取引先を選べるようになったのです。こうした動きに合わせて登場したのが、新電力と呼ばれる言葉です。新電力とは電気の小売自由化に伴い、新たに電気を販売している事業者のことを指します。何らかの形で電源を調達し、顧客に対して電力を販売することで利益を得ています。顧客は規模の小さな工場から、24時間電力が必要になるコンビニエンスストアまで様々です。

消費者には利点も多い

法改正によって一般家庭を始めとする電力の消費者は、従来の電力会社から好みの新電力へと乗り換えられるようになりました。乗り換えは料金プランなどを比較した上で好みの事業者を選び、申込み後にスマートメーターを取り付けるなどするだけと簡単です。2週間もすれば乗り換え先の電力会社から供給が始まり、利用料金もそちらから請求されます。一見すると面倒なだけに思える新電力への切り替えですが、利用者にはいくつかのメリットがあります。その最たるものが、電気料金を安くできるというものです。新電力事業者は様々な策を凝らして料金の値下げに取り組んでいます。電気を起こすのに使われた発電方式によって選べば、特定の技術を支援することもできます。

広告募集中