環境に優しい発電方法の電気を買いたいなら?新電力がおすすめ!【Housing And Health】
HOME>注目記事>環境に優しい発電方法の電気を買いたいなら?新電力がおすすめ!

新電力の強み

2016年から、一般家庭でも適用されるようになった新電力。新電力の強みは、より環境に優しいエネルギーで発電した電力が選べる事です。では、従来の火力発電と、新しい発電方法のバイオガス発電はどのように違っているのでしょうか。比較することで、より分かりやすいですよ。

火力発電とバイオガス発電の違い

火力発電

原料は化石燃料。大量の二酸化炭素を発生してしまう発電方法なので、環境面で問題になっています。しかし、エネルギーの消費量に合わせて発電量を調整することも出来ますので、そこは大きな利点と言っていいでしょう。

バイオガス発電

生ゴミなどの発酵させて出来たバイオガスを燃焼させる方法です。二酸化炭素の発生が比較的少なくなっている所が大きな特徴です。しかし、まだまだ発展途中で、事業コスト面で厳しさがあります。

電球と模型

環境にも優しい

電力の自由化で料金の安い会社を探す方も多いのですが、それ以外にも新電力が注目をされている理由があります。普段の生活の中では電気は使うものですが、その電気がどのように作られているのかを辿っていき、もっと環境に優しい電力会社を選ぶということもできるようになりました。やはり全国的に火力発電が多いのですが、風力や太陽光、バイオマスやバイオガスといったように自然の力や再生エネルギーを利用して発電を行う会社を選ぶこともできます。

未来に優しい電力

新電力を提供する会社を見ていくとかなり数が増えているので、つい料金だけで判断してしまいがちです。発電するときに排出された二酸化炭素の量であるCO2排出係数が少なければそれだけ環境への負担は軽いと考えられますし、水力発電などの再生可能エネルギーを使っている会社も負担が少ないと言えます。とはいえ、環境への負担は少なくてもお財布への負担は若干重くなったりすることがありますので、自分たちの家計とも相談して決めましょう。

環境と家計に優しい電力

これまで使っていた大手の電力会社ではなく新電力は、価格面だけでなく環境面に配慮した電気の提供をしている会社もあります。価格と環境への負担のバランスの取れた会社選びもできるようになったのも変化の一つと言えるでしょう。

広告募集中