環境にやさしいバイオガス発電とはどんなもの?【Housing And Health】
HOME>ホットトピックス>環境にやさしいバイオガス発電とはどんなもの?

地球にやさしいエネルギー

バイオガス発電とは生ゴミや家畜の排泄物、汚水といった有機性廃棄物を発酵させてガスを抽出し、そのガスを利用して発電させる再生可能エネルギーのひとつです。石油や石炭などの化石燃料と違う点は、燃やしても二酸化炭素などの温室効果ガスの放出が少ないという点で、バイオガス発電は地球にやさしいクリーンなエネルギーとして注目されています。バイオガス発電には多くのメリットがあり、再生可能エネルギーのなかでも安定した発電量が得られることが最大のメリットです。一般家庭から出る生ゴミや農家からの家畜の糞尿が燃料となるので、化石燃料のように枯渇する心配がなく、太陽光発電のように天候に左右されることもありません。また、バイオガス発電は発酵の過程で発生した消化液は有機肥料として有効活用できるという点も特徴となっています。

有機性廃棄物から発電

バイオガスの原料となる有機性廃棄物は嫌気微生物を利用した嫌気性処理を行うことで、メタンガスを生成することができます。バイオガスを生成する仕組みは有機性廃棄物をタンクに入れて粉砕などの前処理を行い、処理されたものはメタン発酵槽で嫌気性発酵を行います。発生したバイオガスはガスエンジン発電機を使用して発電させるという仕組みです。メタン発酵の際、残渣として残る消化液は有機肥料として二次活用されるなど、効率の良さもバイオガス発電の特徴のひとつとなっています。世界ではバイオ燃料の利用が進められており、日本でもバイオガス発電の運用を始めている企業や自治体が少しずつですが増え始めています。食品廃棄物や汚水を資源として再利用できるため、地産地消の取り組みのひとつとして、地域活性化につながるとも考えられています。

広告募集中